サービス案内・施工事例

内装・外装工事、解体工事、地盤改良

地盤改良

地盤改良
軟弱地盤の上に家を建てると、自重によって家全体が沈むことがあり、最悪な場合、その家で生活をおくることが出来なくなります。そうならない為に、現在では基本的に家を建てる前の地盤調査は必須となっています。

地盤調査では、地面が建物を支える強さ(地耐力/ちたいりょく)を調べます。また、その敷地やその周辺が埋め立て地なのか、盛土造成地なのか、不同沈下や液状化の可能性はないかなどの調査も行ないます。それらの情報と地盤調査の結果を合わせ、地盤改良が必要かどうかを判定します。

そして、軟弱地盤と判定された場合は、いくつかの改良方法(表層改良工法、柱状改良工法、鋼管杭工法など)の中から地盤の状況に応じた工法を採用し、地盤改良を行います。

【施工様子】

地盤改良 施工前
地盤改良 施工後
地盤改良 施工前
地盤改良 施工後
地盤改良 方法